2012年10月4日木曜日

小さな発見、大きな感動

近年の季節変化は、暑いから寒いへ直結してますね。
暑い→心地よい→寒いという変化があってこそ、暑さに耐えた人々へのご褒美みたいな「秋」という季節を経て、寒さへの準備期間が確保できるってもんじゃないのかしらね…

というわけで、全く体がついていきません。

ヨーグルトが体によいということで、最近よく食べるようにしています。
読んでいる人の半数以上はおそらく「アタイも好きだよ!」って人いると思っておりますが、ふたの裏についた少し固めのヨーグルト部分、美味しくないですか?ふたを開けたら真っ先にふたの裏についた「それ」をスプーンでこそぎ落とし、口へと運ぶのが習慣なのですが、この前食べた濃いシリーズは開けてびっくり、なんとツルッツル!!ほんの一滴すら「それ」が着いていないのです。付着していた形跡すらない。

まぁ珍しい事もあるもんだと本体部分を食べながら、ふと蓋にヨーグルトを垂らしてみたのです。…するとヨーグルトが玉のまま蓋の裏をすべって落ちていくのです。カタツムリが通ったような軌跡を全く残さずに!まるでテフロン加工が施されているような弾きっぷりです。

見てくださいこの美しい蓋の裏。




大好きな部分が全くついていなくて残念ですが、この美しさと弾きっぷりをみたら、どうでも良くなりました。肝心の味は大変美味しいです。今一番のお気に入り。

2日はマルーン5のコンサートに行きました。3ヶ月くらい前にチケットを取ったので、すっかり忘れていて、「そういえば…」と思い出したのが当日の朝でした!!!奇跡的!神がかってる!!


今回で3度目のコンサート参加なのですが、毎回席がステージに近づいていたので、今度もきっと…と思っていたら一階の5列目!!!しかもド真正面!!!(アリーナなんて初めっから取れないと思ってますから)涙でステージが滲みました(ウソ)

正直言いますと、最新アルバムは好みではなく、通しで聞いたのは1度くらいで、あとはほったらかしでした。いや、ほったらかしてしまったのは部屋の一部にある墓場に落としてしまい、取るのが面倒だったからです。ちなみにベットと壁の間が墓場と呼んでる場所で、そこには豆しばの家計簿やヘアーゴム、無駄に長い定規などが埋葬されているんです…

ですが、予習を怠ってしまったことをとても後悔しました。彼らの勢いは衰える事を知らず、むしろ以前にも増して何もかもが鍛え上げられたすばらしいパフォーマンスで、一寸の隙もないまさにプロフェッショナルなステージでした。なにがすごいって選曲はもちろん、曲と曲の間のつなぎまで手を抜かずにメドレーのように演奏してくれます。息つく暇もありません。断然彼らはライブのがいい。
あれだけの人気バンドなのにあぐらをかく事なく、ファンを楽しませようとする姿勢に「アダムごめん、私が間違っていた」と何度も心の中で土下座をしておりました。

彼らが自分の好みの音楽をやろうがどうでもいいのです、ステージで輝いていてくれれば私は応援する!!と電車の中で納得して帰りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿